ゴンゲン森と・・・へのメッセージ


 

娘に会いに久しぶりに金沢へ行った電車の中で

本を読み終わりました。 

年とったせいか、とお~い昔の自分の子供の頃の情景を思い出し、

最後の別れのところ、涙が出てしまいました。

一回読み終わったも、また読んでみたくなりました。

 良い思い出の本、書いてもらってありがとうございます。

カバンに入れて持ち歩いていたので

表紙がボロボロになっていました。 

うれしいような、さみしいような。

 

嬉しいメールありがとうございました。

尊敬する伊集院静氏の『機関車先生』にも、先生と生徒たちの別れがあります。

ボクは子供たちの別れには、必ず再会があるという文庫解説者の言葉に勇気づけられ、ボクの話の中にも別れを堂々と描こうと考えました。

子供たちに限らず、再会を信じられる別れこそが本当の別れだと、ボクは考えています。

だから力一杯手を振れるし、涙を流せるのだとも考えています。

第2作目はそういう話にしてみたいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です