キースの即興ソロ・・・


久しぶりにじっくりと『ケルン・コンサート』を聴いた。

しみじみと春が青かった時代が蘇ってきた。

キース・ジャレットの生ソロは、大学4年の秋、このアルバムの出た後のNHKホールで聴いている。

当然ながら満席で、ボクの横の席には、有名な何とかさんと言うクラシックの評論家が座っていた。

その人は、前半が終わると席を立ち、休憩時間が過ぎても戻ってこなかった。

立ち上がり、唸り声を上げながら鍵盤を叩く、キースの演奏スタイルに耐えられなかったのだろうか。

キースにショパンを重ねるような評価もあったようだが、ボクはマイルス時代のエレクトリックピアノを弾くキースも好きだったので、全く違和感なしに座っていられた。もちろんそれだけの理由ではないが。

若き山下洋輔さんも身近で見て聴いていたことを思えば、立ち上がってピアノを弾くくらい何でもなかったのだ。

このコンサートは札幌から福岡まで七都市をめぐるツアーのひとつだった。

しかし、出来は今一つで、その証拠に、その後発売された全国各地のライブを集めた10枚組アルバム『サンベア・コンサート』には、NHKホールのものが入っていなかった。

その夜、ボクは大阪出身の友人・H本クンと渋谷駅で待ち合わせ、一緒に出かけた。

彼にジャズを勧めたのはボクで、四年になると、彼は当然かなりのジャズ通になっていた。

肌寒かった夜、NHKホールに向かう途中で、パルコにあったレストランに入り、超高いスパゲティ(当時はパスタと言わない)を食う。

そして、一万円だったかの、学生の身分では破格値チケットを手に、NHKホール2階席の前列真ん中に陣取った。

緊張するボクたちを相手に、キースは即興を演った。しかし、もがいているようにも見えた。

ところで、『ケルン・コンサート』が出た時、ジャズ喫茶に三時間ほど居ると、必ず二回は聴いた。

たとえば吉祥寺ファンキーを出て、同じくファミリーに場所替えしたりすると、一日に三度くらい聴くこともあった。

片町時代のヨークでは、そのレコードを店に置かないことにしていた。それほどまでにリクエストが多かったのだ。

特にFMの深夜番組「ジェット・ストリーム」のテーマに使われてからは、異常と思えるほどの人気となった。

ジャズを聴いていなかった人たちも、このレコードを持っていた。ジャズピアニストの即興演奏ということなどどうでもよかった。

よくそういう人たちから、これはジャズじゃないよねと言われた。

ボクはジャズだと答えた。ジャズってね、そういう音楽なんだよ…と。

それにしても、このキースは完璧すぎた……。

 


「キースの即興ソロ・・・」への1件のフィードバック

  1. 久しぶりです。
    ケルンコンサートは、大好きですね。
    でも、ジャズ的音楽?を聴いていない人にとっては、
    それ以外のソロコンサートは厳しかったんではないですかね。
    私も大それたことは言えないけど、
    やはり、ケルンコンサートの一曲目は格別。
    あれが即興とは、今でも信じられませんよ。
    なんだか久しぶりに聴きたくなりました……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です