中の橋が好きである


浅野川大橋より、天神橋の方が好きだし、ドラマの舞台にもなりやすい。

同じように、梅ノ橋よりも中の橋の方が好きなのだが、理由は同じようで、それだけではない。

こじんまりした橋そのものの造りや、その狭い幅や長さなどがちょうどよくて、とても情緒的だ。

西日が差す頃合いには、川面はさらに静まりかえって、上流にある浅野川大橋が浮かび上がっている。

主計町の反対側は、ちょっと見た目的によろしくなかったりもするが、それでもいい感じだ。

下流の方は、さらにぐっといい。川面の静けさは言葉では表現しがたいくらいだ。

流れの曲線が美しく、川に迫るような住宅の佇まいもいい。

柄にもなく、人恋しくなったりもして、思わず手すりに寄りかかったりするのだ……


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です