内灘・私的メッセージ


内灘海岸

内灘といえば、海です。

ただ、さまざまな表情があって、

どれが内灘の海だとは

簡単に言えません。

渚夕陽波白い船

はまなすハマエンドウ

筋雲と海岸uchinada beach

落日砂紋

 

************************************************

 

トーチカ

内灘の海には

ちょっとつらい歴史がありました。

1950年代初めの頃です。

アメリカ軍の砲弾を試射する場所として

内灘の海岸が選ばれてしまったのです。

内灘の人々は、自分たちの“浜”を守ろうと

座り込みをして抵抗しました。

しかし、その甲斐もなく

砲弾は浜に突き刺さり、砂を蹴散らし、

人々を恐れさせたのです。

今は、かすかな残像として

その時代の遺構が立ち尽くしています。

砂浜の枯草

 

**********************************************

 

白い波の上の小鳥

内灘の海は今も

たくさんの人たちに愛されています。

内灘の海を見つめながら、

それぞれの時代を振り返る人もいれば、

内灘の海を見つめながら、

それぞれの未来を夢見る人もいます。

多くの人たちが、内灘の海に何かを語りかけ、

内灘の海から、

何かを語りかけられてきたのだと思います。

問いかけも、叫びも、歓びも、

すべてを受け入れてくれる、内灘の海です。

黄金の海井上靖文学碑

 

 

*********************************************

 

水面と鳥

河北潟の半分ほどが干拓されるまで、

内灘は文字どおり水域に挟まれた町でした。

その面影は、

今もはっきりと残っています。

そして、大地として生まれ変わった後には、

それまで見ることのなかった美しい風景が、

私たちの目と心を楽しませてくれるようになっています。

美しい風景がまた美しい風景を生み、

今多くの人々が、

その大地に集っています。

西日水田林立麦たちのサンバ

麦の緑2草原3

下流

 

******************************************

 

行くぞ、白獅子

内灘はかつて貧しい村でした。

しかし、もうその貧しさの記憶を

甦らせるものはありません。

古くは加賀の殿様のご加護を

いただいたという神社が砂丘にあり、

その神社がいくつかの変遷を経て

人里に下りたという物語もありました。

大きな遊園地ができ、

電車が走り始めたという出来事もありました。

そして、内灘闘争―。

今、内灘は恵まれた環境の中で

そこに住む人々や

訪れる人々に安らぎを提供しています。

そして、内灘の人々はいつも元気です。

遊園ゲート小浜神社跡と医科大など

浅電が来る朝日の中の遊園地

 

************************************************

 

空が広い

内灘の砂丘台地からは、

遠く北アルプスの山並みから登る朝日も

穏やかに日本海へと沈む

夕陽も見ることができます。

空は360度の広がりを見せ、

青く澄みきった空に浮かぶ雲たちにも

心安らぐ表情があったりします。

空が広いこと……

それは内灘の〝タカラ〞です。

朝霧の河北潟

剣岳・立山薬師岳2

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です