森林公園をテレマークで


 

津幡町にある石川県森林公園には、家から河北潟干拓地の道を縦断して、20分もあれば着く。

もちろんクルマでであって、公園の南口にあるインフォメーションセンター前駐車場までは、何とか入っていける。

そこにクルマを置き、スキーを片手に林道までわずかに歩くと、あとはもうずっと雪道と雪野原と木立の中の雪原だ。

スノーシューなどで雪上歩行を楽しむ人たちもいるみたいで、道の真ん中には踏み跡がある。

そのトレールをたどって行けば、多少ガタつきながらもスキーはそれなりに滑ってくれる。

踏み跡のない雪原に出ると、ブーツの半分ぐらいは埋まるが、こちらもそれなりに楽しいウォーキングとなる。

午後から家を出たので、今回は軽く小手調べといったところ。

何となく雰囲気だけ掴んで、次回からは本格的に道なきところまで行ってみようと考えてきた。

正味2時間ぐらいだったが、出会った人は一人だけ。朝のうちに引き上げてしまったのだと思われる。

しかし、家から20分でこんな静かな世界に来れるのが嬉しい。

鳥たちの囀りや、枝から雪が落ちる音ぐらいしか聞こえてこない。

時折、薄雲に太陽は陰るが、基本的に日差しがあって気持ちよかった。

次回はクルマを途中にデポして、自由に走り回るつもり。楽しみが増えた・・・・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です