控えめな黒子でなかった


せせらぎのミニ公園

 

ドイツの黒ビールを前にして、ある大先輩から、

「アンタも私も、基本は黒子(くろこ)なんやて…」と言われた。

ボクはその時、たまたま同じドイツの白ビールという、

よく分からないものを飲んでいたのだが、

あらためて振り返って見ると、それは間違いないことでもあった。

仕組みが出来ていなかった時代、

いろいろと悩み考え、試行していたことは、

正式に仕組みが出来上がった段階で

初めて世の中に認められるようになる。

そして、その仕組みだけが走り続けていく。

そんなことが、よく知らないところで起きていた。

今更そんなことをア~だコ~だと言いたいわけでもないが、

何にも知らない人たちが、正論(仕組み)だけで

語り合っているのを横で聞いているのも、

それなりに辛かったりするものだ……

 

カンペキに余談だが、

広辞苑には、「くろこ」という言葉は載っていない。

自分が今書いた意味の「くろこ」は、

「黒衣(くろごう)」のことをさす。

もともとの意味は分かるだろう。

漢字の「黒子」では、「こくし」とか「ほくろ」。

ほくろはそのままだが、

とても小さなものの例え…みたいなものに使われるらしい。

そんなことを、また改めて知ってしまうと、

黒子的存在感は、ますます惨めなものになっていく。

高級食材となってデカい面してる「白子」と比較しても、

黒子は、やはりちょっと寂しいのであった……V


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です