なんとなく、コーヒーのことについて


 富山へ行くと、ときどき立ち寄るコーヒー屋さんがある。

 ごくごく普通の、本屋さんの中に間借りしているコーヒー屋さんのひとつなのだが、そこは独立店舗なのがよく、国道沿いとかでもない分、落ち着ける。こういう店に入ると、大概の時間は本を読んでいるか、落書き帳を出して雑文を書いているかだ。気の張らない文章を書いていたりするのには最適な環境だ。

四、五人の主婦グループが、子供会の行事に関する打合せをやっているような雰囲気の中で、ときどきバカ笑いをしたところで、こちらも動じない。そんなことぐらいで、オレのペンは止まらないよと意気がったりもできる。

コーヒーはたまにいちばん大きいサイズのTallを頼んだりする。「Tallなんて飲んでたら、胃を壊しますよ」などという人もいるが、ゆっくり、しみじみと口に含んでいればそれでいいのだ。それに、その店のコーヒーは決して不味くはない。最近ファミレスのドリンクバーで飲まされるコーヒーなどは、ちょっと遠慮しがちになるが、その店のコーヒーは合っている。

家では何年もの間、ある店のある銘柄を徹してきた。しかし、それがどこの国の豆なのかということには無頓着で、要するに何となく主観的に、これはなかなか美味いではないか…と納得していた。

いつだったか専門店で、試しにとアフリカ系のコーヒーを飲んだことがあったが、それが実に美味かった。それから何となく、コーヒーはやっぱァ、アフリカ系に限るな… などと分かったようなことを考えていた。そして、かつて知り合ったケニアでボランティア活動をしているという若者が、リュックの中に持っていたコーヒー豆一袋を、その場で千円で買ったのを覚えている。何グラム入っていたかなど問題ではなかったが、若者が随分と喜んでいたのだけははっきりと覚えている。たぶんかなり安かったのだろう。

そのコーヒーは素朴な美味さだった。自分の中のアフリカ系コーヒーのイメージとしては、さっぱりし過ぎていたが、それがまた乾燥したケニアの草原地帯を連想させ(なんでも勝手に連想してしまうが)、新鮮な感動を呼んだ。ちなみに、うちのコーヒーはアフリカ系ではない……

話はさらにそれていく。

コーヒーをブラックで飲むようになったのは、わが師の一人、今は亡き奥井進さんと出会ってからだ。いや正式には、出会って数年経ってからだ。

奥井さんとは、言うまでもなく金沢のジャズ喫茶の老舗(表現が平凡だな…)「YORK」のマスターで、16歳の冬に初めて会って以来、奥井さんが亡くなるまでの30年間、縦横無尽にお付き合いさせていただいた。ボクよりも10歳年上、そろそろボクは奥井さんが死んだ歳に近づいているのだ……

それはさておき、その奥井さんがかつて金沢の寺町に居を構えていた頃、ときどき家に遊びに行った。大学を卒業し、金沢のある会社に入った頃だ。

店では当然ジャズしか聞かないのだが、奥井さんはボクが行くと、よく落語のカセットテープを聞かせてくれた。もともとボクも落語が大好きだったので、爆笑もので有名な古今亭志ん生の『火焔太鼓』などを聞いては、二人で大笑いしていた。

そんな時、奥井さんはブラックコーヒーを白いコーヒーカップに注いで、何気にそれをボクに手渡すのだ。今ではごく当たり前のような感覚があるが、その当時、コーヒーをブラックで飲めるといったら、超スケスケのアメリカンコーヒーぐらいで、普通のコーヒーはなかなか飲めなかった。飲みたいとも思ってなかった。

それがいきなり手渡され、さも当たり前のように飲まなければならない状況になる。そんなところから、ボクのブラックコーヒー歴は始まった。今では普通にブラック、もしくはミルクのみパターンでやっているが、ブラックコーヒーとの出会いは、当時のボクの世代としてはかなり早かっただろう。同じことが奥井さんとの出会いにも言えたかも知れない。話せばキリがないくらいに、奥井さんとの出会いによって目覚めてしまったことも多いいのだ。

そういうわけで、ボクは暑い夏でもアイスは滅多に飲まない。冷し中華も食べないし、よほどでない限り、ざるそばなども注文しない。そうめんは家だけで食べる。ついでに言うと、つけ麺などはもっての外(ほか)で、暑くてもスープはどんぶりを両手で持って飲むか、スープすくいで飲むかだ。まったく関係ない話になってしまったかな…

コーヒーは毎朝飲むが、ほとんど同じ味になるとは限らない。一日一日が微妙に違うテンションで、微妙に違うフィーリングで、微妙に違うサイクルで動くように、コーヒーの味も微妙に違う。それが、またいいのかも知れない。コーヒーは日常のものだから……


「なんとなく、コーヒーのことについて」への1件のフィードバック

  1. オレも、つけ麺の美味しいつぅ噂のラー屋に行っても、たいがい欲求不満で店を後にするよ。
    「普通の、熱いラーメンにするべきだった!」と、、、
    つけ麺って、やっぱ外道だよな、、、( ̄^ ̄;)

    特に、冷たい麺を熱いつけ汁でいただくスタイル! あれって中途半端やわ!
    オレだけ?( ̄・ ̄;)ジットリ

    ラーメンにはうるさい
    祥稜 拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です